中小企業の人材採用

中小企業で重要なポイントの一つとして人材採用といえます。企業としては、優秀な人材を確保するということはとても大切なことだといえるでしょう。ですが、基本的に大企業のほうに人材が流れがちであり、中小企業としては、人材採用に関してある程度考慮する必要があります。
また、実際に採用をするということは、面接時などである程度、優秀な人材かどうかという点を判断するということも必要です。そのため、面接を担当するという方などは、的確な質問などをしてどのような人物なのかということを判断するということが重要なポイントといえます。
基本的な質問などでは、その人物がどのような人物かというのはなかなか判断できるものではありません。理由としては、面接を受けに来る人も、どのような質問がくるか予測して返答に関してある程度準備している可能性があります。

 

中小企業人材

 

そのため、基本的な質問では相手も模範解答をしてくるケースが多い点からも、少し質問の内容を変えてみるということも大切です。
相手が予想もしていない質問をすることで、その場できちんとした返答ができるかという点を重視してチェックしてみるといいでしょう。仕事をする上で予想外のトラブルなども起こります。冷静に対処するということ、臨機応変に対応する能力が求められますが、この点をチェックするという意味でも、面接時に相手が予想していない質問を準備しておくというのは、相手を見極めるという点において重要なポイントといえます。
中小企業である点からも、資金繰りが厳しい、大企業と張り合うためには人材の確保はとても重要です。そのため、面接を受けにくる方達の中から、より優れた人を見つけるという意味では、面接時にいろいろとチェックしてみるということが大切だといえます。
業績を伸ばすためにも、少しでも優れた人材を確保できるように、面接時には相手を見極めるための質問を準備しておき、どのように切り返してくるのかをチェックしてみましょう。

中小企業はみんなブラック?ブラック企業あるある

すっかり認知度が高くなったブラック企業では負担が大きな様々な業務が従業員に課せられていて千差万別ですが、全てに共通していて根底にあるのが労働者の事を尊重せず、まるで使い捨てるようにして扱っているという共通点です。
ブラック企業は企業の規模に限らず存在しており、有名企業であっても待遇を良くせず自主退職をするように仕向ける事例がありますが、特にブラック企業の割合が顕著なのは人材不足がより一層深刻な中小企業です。
人材不足であるが故に業務量の割に人手が足りず長時間にわたって仕事に尽力する事になりますが、ブラック企業においてあるあると共感されるのは、長時間にわたり残業を行っても一切残業代が支払われない様子です。
もちろん、残業が全く無い企業は稀有であり相反するホワイト企業であっても残業は行われていますが、ホワイト企業の場合は残業した分だけしっかりと残業代が支払われます。

 

中小企業ブラック企業

 

そのように残業代の有無という点に限らずに、ブラック企業であるあるなのが定時を過ぎて残業をし続けているのにも関わらず、定時に一度タイムカードを記録させてまるで定時に退社したように見せかける事です。
定時に一度タイムカードを記録させるのは労働基準法に違反していないように見せかける事が目的であり、合わせて残業代を支払う義務が発生していないようにも見せかけられるので、ブラック企業において見られる典型的なあるあるの事例です。
そういった労働基準法に則ると、会社というのは法律に従い一定期間にわたり働いた社員に対し10日間の年次有給休暇を与える義務がある上に、最低1週間に1日以上の休みを与える義務がありますが、ブラック企業は休日に関するあらゆる法規も守っていません。
また、常日頃ひっきりなしに退職者や中途採用者が見られるのもブラック企業におけるあるあるですが、反面全く退職者が居ないというのも特徴の1つです。
退職者が全く居ないという事は勤めていても得られるものが無く、スキルアップをして高みを目指せる環境や業務内容ではないという証拠でもあるためです。

中小企業診断士の資格について

仕事などに関して必要なスキルを身につけるということは重要です。人によっては、就職などに有利、自身が携わる仕事に関して必要なスキルとして資格取得を目指すというケースも少なくありません。
資格などの一つである中小企業診断士というものがあります。これは、経営に関しての知識やセンスを付けたい場合に学んでみるというのもいいでしょう。特に大企業などに勤めている方などは、自身が担当している仕事などが経営に対してどのような影響を与えているかなど、企業の規模によっては業務などが多岐にわたり、全体が把握しにくい傾向もある点から、中小企業診断士の知識を得ることでいろいろと理解できる部分が増える可能性もあります。

 

また、その他のメリットとして転職時のアピールポイントにもなり、資格を取得しその知識を生かすことで社内でのキャリアアップにつながるケースもあるでしょう。
転職時には、何かしらアピールポイントがあるというのは強みになります。中小企業診断士というのは、気軽に取れる資格ではないため、それなりに勉強時間を要するものでもあります。その点からも、その資格を取得しているということは、ある程度評価に値するというと企業側でとらえてくれる可能性も高まります。
転職以外でも、社内において、中小企業診断士という資格を持っていることにより直接的にはキャリアップにつながるということはなくても、知識を持っていることでその知識をうまく活用していくことは可能です。結果としてキャリアアップにつながるケースもあるため、知識を得ておくというのは無駄にはなりません。

 

数多くの資格がありますが、中小企業診断士の資格はまだ知名度は低い傾向にあります。ですが、取得しておくことで、経営に関しての知識を身につけることになる点からも多くのメリットがあるため取得を目指して頑張ってみるというのも一つの方法です。目標を作り、計画的に学ぶことで効率よく知識を深めていきましょう。

中小企業の節税には小規模企業共済を活用する

中小企業が節税を行いたいと考えている場合は、小規模企業共済を活用してみると良いです。節税とは、税金をできる限り無駄に支払わないようにすることです。本来払わなければいけない税金はしっかりと払う必要がありますが、その他の部分では工夫次第で税金の支払いを最小限に抑えることができます。脱税とは意味合いが異なってくるので注意が必要です。資金を温存することによって、将来の様々なことに投資をして企業を成長させることができます。資産としての価値が残らないようなものを購入することは、節税をするという意味にはならないので気をつけます。中小企業は大企業と比較すると、資金が少なく上手くやりくりしないと経営不振に陥ってしまう恐れがあるので注意が必要です。税金についての正確な知識を持っていないと後でトラブルが発生してしまう恐れがあるので、正しい知識を身につけてしっかりと管理することが大切です。

 

中小企業では、小規模企業共済と呼ばれるものを活用することで、節税をすることができます。小規模企業共済は事業主を対象とした退職金制度の一つです。中小機構において掛金を運用していく仕組みであり、そうすることによって退職金の積み立てを行っていくシステムとなっています。この仕組みを利用することで、掛け金が""小規模企業共済等掛金控除""としてそのまま所得を控除することが可能です。その結果所得税を節税することができます。小規模企業共済は節税をするというだけでなく、退職金を同時に積み立てることができるということもメリットの一つです。ただし小規模企業共済を利用するためには条件があるので、事前に当てはまっているかどうかをしっかりと確認しておくことが大事です。雇っている従業員の人数が5名以下である場合に、役員だけが加入することができます。業種によっては従業員の人数が20名以下となっている場合もあります。非常に小規模の事業を経営している事業主を対象としています。

中小企業の海外進出支援について

中小企業にとって、グローバルな舞台で活躍するのは簡単なことではありません。資本力で勝る大企業にいろいろな面で後れを取ることは仕方がないことです。だからといって甘んじて受け入れているだけでは、いつまで経っても中小企業のグローバル化は実現しないでしょう。それは明らかなので、日本政府も傍観しているだけではありません。中小企業の海外進出支援に関する大綱を用意しているのです。これによって、中小企業の海外進出支援を行う機運が一気に高まりました。公的なサービスも用意され、そのなかには非常に有用なものも存在します。

 

中小企業海外

 

たとえば、海外ビジネスの環境調査を実施するサービスが有名です。すでにグローバルな舞台で活躍している企業を対象としてアンケートを実施してくれます。内容はビジネスに関する状況を問うもので、さまざまなフィードバックを得られることが大きな特徴です。コンサルタントが憶測で述べるような意見とは異なり、非常にリアリティのある答えを得られます。これによって海外進出を検討している中小企業は、事前にいろいろなシミュレーションの実施が可能です。自社が同じ舞台に立ったときに、どのように進展していくのかを予測できます。生じうるトラブルなども見えてくるので、前もって対処法を考案することも難しくありません。つまり、この海外進出支援によって、グローバル展開に伴うリスクを大きく低減できるということです。
さらに、海外の知的財産の情報をまとめているサービスもあります。知的財産に対する考え方や節度は国によってさまざまです。日本と同じと考えていると大きな痛手を被るかもしれません。アジア圏を中心としてさまざまな判例を参照できます。海外で売り出すことを検討している商品がある場合は、しっかりと確認しておくことで利権問題が生じるのを防ぎやすくなるでしょう。海外展開のセミナーなど他にもいろいろなサービスがあるので、積極的に活用するのが得策です。