中小企業を対象にしたヤミ金とは?

ヤミ金とは貸金業法や利息制限法などの法律を遵守せずに貸金業を営む者を指す言葉です。元となっている言葉は「闇金融」であり、たいていは法外な金利を取っています。一方で審査に関しては、借り入れる人の状況を見て貸付を行うため、銀行や消費者金融など正規のお金を貸してくれるサービスが利用できない人がターゲットとなっているものです。

 

中小企業ヤミ金

 

ヤミ金は、貸金業法の強化によって個人をターゲットにしたものは、かなり減っていますが、中小企業など法人をターゲットにしたものは今でも存在しています。そもそも個人が借り入れを行う場合には多額の出費や遊興費のために行うものですが、法人の場合には運転資金を得るために借り入れを行うケースが殆どです。すでにヤミ金に手を出さなければならない状況というのは銀行や正規の貸金業者から借り入れすることができない状況であり、その弱みにつけ込みお金を貸付法外な金利を要求します。ヤミ金融にはさまざまな種類がありますが、その形態のひとつがシステム金融があります。

 

システム金融は、複数のヤミ金業者が名簿を共有してグループを組んで次々と貸付を行ってきます。すでにヤミ金に手を出さなければいけない状況は、資金繰りが厳しい状況であり、銀行や正規の貸金業者を利用できないことが考えられますが、そのような状況ですから借り入れのさいには手形や小切手などの担保が必要になります。手形や小切手を担保に取られると、ヤミ金から資金を借り入れた会社は、会社を倒産させないために利息だけでも支払うことになりますが元金が減らない限り、永遠に利息を支払い続けることになります。そのような窮したところへ別のヤミ金が融資を勧誘してくるものです。先の業者からの借り入れを返済のためのお金を借りると、先の業者は元金と金利を手に入れることができます。
しかし、再び高い利息を支払うことになり、再び別の業者が勧誘するというもので、借り入れと返済のサイクルが生まれこれは会社が倒産するまで続きます。
このためシステム金融に引っかかるとよほどの事がなければ完済することは不可能であり、たいていは会社倒産にまで至ります。